裏方で、ちょっとだけお手伝いしてる「繭の会」。
明日は、その演奏会です。


繭の会 Vol.14 マックス・レーガー
 ~音楽的散文と其の表現~ <造形美を目指したレーガーの叙情性>

■とき : 2010年9月22日(水)18:30 開場 / 19:00 開演
■ところ : ムジカーザ
(小田急線・地下鉄千代田線「代々木上原駅」下車、徒歩3分)

■入場料 : 前売券 2,500円 / 当日券 3,000円〔全席自由〕

■演奏プログラム

♪平山 恵(フルート)
J.S. バッハ 「無伴奏フルートのためのパルティータ」BWV1013

♪大平 康子(ソプラノ) 広川 恵(アルト) 小沢 さち(ピアノ)
マックス・レーガー 「ソプラノとアルト、ピアノの為の五つの二重唱」op.14

♪今 拓野(作曲) 鈴木 まどか(ヴァイオリン) 平山 恵(フルート) 加納 麻衣子(ピアノ)
今 拓野 ヴァイオリンとフルートとピアノの為の三重奏
「落下する花火と旧バターシー弧線橋(こせんきょう)」(J.M. ホイッスラーの作品に寄せて)

♪富永 佐恵子(チェロ) 小沢 さち(ピアノ)
マックス・レーガー 「チェロ・ソナタ 第1番」op. 5

〔繭の会・特別企画プログラム〕
マックス・レーガー
♪フルートとヴァイオリン、ヴィオラの為の「セレナーデ 第2番」ト長調 op.141a
♪ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノの為の「ピアノ三重奏 第1番」ロ短調 op. 2
平山 恵(フルート) 佐々木 真史(ヴィオラ) 鈴木 まどか(ヴァイオリン) 加納 麻衣子(ピアノ)

chirashi14_01

「繭の会」公式サイト


「繭の会」では、割と馴染みがあるレーガーですが、テーマとして掘り下げるのは初めて。
「難しい」というイメージがあるようですが、逆に、何も考えず、感覚的に聴いてみようかな、と考えてます。^^

いつものように、事務局内は押せ押せのスケジュールの様子。w
今回は、自分自身が就職活動&入社という状況の中でしたので、ネットでのPRや対応などが充分に出来ませんでした。
それが、ちょっと残念です。

恒例のチケット・プレゼントのスタートや、コンサート情報サイトに投稿したのが、演奏会の3日前。^^;
これはさすがに難しいかと思ったら、投稿から半日も経たないうちに、チケット・プレゼントの招待枠がいっぱいに。
連休中ということもあって、いろんな方に見て頂いたみたいです。
皆さん、積極的にネットを使って情報を集めてるんですね~。
これは運営事務局もびっくりでした。^^

「繭の会」の存在を、そして、その意味を、
一人の方でも伝えることが出来たら、
本当にうれしいです。

で、明日は、一人の観客になって演奏を楽しむつもりなんですが、入社したてで、そんなにうまくいくはずもなく・・・

残業の可能性がヒジョーに高くなってしまいました!
しかも、移動距離が今までで一番遠い!

・・・頑張ります。^^;

それでは、明日、会場でお会いしましょう♪

広告
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください