諸事情で手をつけられなかったリカバリ(出荷時状態への初期化)に着手。
大々的なメンテナンスは2年振り。
やっぱり仕事してたりすると、なかなか時間が取れず、手が出せませんね。

リカバリ前の主な症状(現象)として、
・ブラウザ(IEでもFirefoxでも)の起動がアホみたいに遅い
・メーラーの本文にあるリンクを開くのに(作業させたの忘れるぐらい)時間が掛かる
・テキストエディタ(メモ帳みたいなの)程度の起動や作業でフリーズする
・Windows Updateを更新しても「更新があります」通知が消えない
・負荷が低い作業でもフリーズする
・こういう時こうなるというように現象を特定出来ない。良かったり悪かったり不安定
などなど

中でも、PC起動してすぐでも挙動に問題があるのが一番でしたね。
PCで動作が怪しくなったらまず再起動って言いますが、それでも変化なし。
いっそネットブックで作業したほうがマシってぐらいの状態でした。
ちなみに、メーラーやブラウザなどは、ヘルプなどを見て対応を試みましたが改善されませんでした。

日頃から不要なプログラムは削除してるし、画像などのデータは外付けのHDDに保存。
エラーチェックや最適化を実行しても改善されなかったので、
果たして体感出来るくらい効果を得られるか、正直期待してなかったのですが・・・

なに、これ。はやっ!w

PCが重く感じるのって、個人差があったり、設定やタイミングによって違ったりするけど、これは「生まれ変わった」と言っていいですね。
時間かけてじっくり作業して良かったです。
必要なツール(プログラム)かどうか判断しながら、リカバリ後のインストールや削除を行い、整え直しました。

リカバリ万歳。w

保守期間が切れて、ハード面の修理は諦めてるので、これでもう少し頑張ってくれるとうれしいな。^^;


そうそう。
今回のリカバリ作業中、久々に故障してる液晶を撮ってみました。

12020201

左が故障中のThinkPad R60、右奥がモニター代わりのテレビBRAVIAさん。デュアル表示中。

12020202

液晶画面のアップ。
見事にカラフルな雨が降り、左半分が黒く抜けてますが、これでもマシなほう。
しばらくすると、雨が激しくなり、抜け部分が侵食して来ます。w
目に悪そうなので、通常は表示させていません。

保守サービスからパネルの交換だけで8万する(見込み)と言われたけど・・・
修理費入れると買うのと変わらないって、どうなんだろう、その価格。
ヒンジが固めなのを最初から直しておけば、液晶に負荷が掛からなかったかもと思うけど、後の祭りですね。

他には、内臓ファンも故障(正常に働いてない)してるらしく、底面の熱さが半端無い。
冷却ジェル(おでこに貼るシートのでかいやつ)2つをフル稼働して使ってます。
まぁ、これのお陰で、ノートPCには放熱性が重要ってことを知った訳なんですけど、その後購入したNECのネットブック(LaVie Light)からは、ファンの風がぴゅーぴゅー出て来て、びっくりしました。w

持ち歩いてるネットブックのほうが堅牢で元気。
ThinkPadは外的ショックに強いと謳ってましたが、持ち歩いてないのに2年しないうちに故障。
やっぱり神話はIBMの撤退と共に消えてしまったのでしょうか・・・。

話が逸れましたが・・・

どちらも気に入って使ってるので、きちんとメンテナンスして、出来るだけ長く、出来るだけ使い倒してあげたいです。

お勧めとは(無責任過ぎて)言えませんが・・・
PCの挙動がおかしい場合、諦めて廃棄する前に初期化を試すのも有効かも知れませんね。^^

広告
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください