前記事で検索ワードについて触れましたが、その中でもコンスタントに出て来るアテローム関係のワード。
医療系は気になることが多いから、経験者の報告が見たいんだろうなと思います。

手術後の抜糸あたりから画像を上げてないようなので、もう1回まとめてみました。
当時アップした記事へもリンクさせました。
っていうか、自分の備忘録だったり。^^;

※本文下の「関連記事」リンクから過去の記事が読めます!

【注意】
最初に言っておきますが、傷や症状は個人差があります。
「自分も同じようになる」とは思い込まないで下さい。
気になる点は、きちんと担当の医師に相談することをお勧めします。

■2007年10月

atheroma01

最初はこんな小さなおできでした。
胸(鎖骨の10cmぐらい下)ということもあって、検査を受けて皮膚上のもの(悪性じゃない)と判明。
「自然に治る」という先生の言葉を信じていたら・・・

■2008年2月

atheroma02

炎症したら一気にゴルフボール大に。
この時既に腕の上げ下げだけで痛かったけど、耐えられないほどじゃなかったので会社へ。
午後になり出血して来たので早退させてもらい、病院に行ったら・・・

麻酔無しで切られました。^^;

atheroma03

教訓:アテロームが炎症したら、すぐ病院に行きましょう。w

プチ手術 その1(アテローム1日目)
プチ手術 その2(アテローム2日目)
プチ手術 その3(アテローム3日目)
見ちゃった・・・。(アテローム4日目)

atheroma04

5日目。
やっとガーゼを取れて恐る恐る見た傷口がこれ。
まだ炎症しています。

二つ目のへそ。(アテローム5日目)

痛さで悶絶の治療が続き・・・w

atheroma05

7日目。

atheroma06

8日目。
抗生物質は続いてますが、少しずつ炎症が落ち着いて着ました。

へそが消えてゆく・・・。(アテローム8日目)

■2008年3月

atheroma07

切開から数週間。

アテロームは炎症すると中に袋を作り、再発し易いというので、炎症が治まり次第、中の袋ごと除去する手術が決まっていたんだけど・・・

「場所(胸)を考えると、通常の外科手術だとケロイドになり易いから形成外科がいい」
という皮膚科の先生(メス無しで切開した人)の言葉が引っ掛かり、再度相談して、外科での手術をキャンセル。
炎症が治まったら形成外科のある医大を紹介してもらうことに。

手術延期。(アテローム17日目)

■2008年5月

気候もいいのでそろそろという時期に、持病の腰痛で緊急搬送、そして入院。w
しばらくの間、体調不良などもあって手術は保留。^^;

atheroma08

半年ぐらい放置してたら、何やら怪しい雰囲気・・・。

■2009年1月

大晦日からお正月にかけて、年をまたいで蕁麻疹と風邪。
咳がひどく、抗生物質などですっかり免疫が落ち切ったところで、アテロームの炎症が再開。
ゴルフボール以上の大きさに。

病院初め(アテローム10か月)

で、数日後、朝起きたら破水してました。w

atheroma09

ま、2回目なので慣れたもの。^^;
自分で膿を押し出してから病院へ。
その甲斐あってか、今回は麻酔無しの切開は無し。

atheroma10

1回目で膿を出された経験から自分でやったけど、皆さんは医師の指示に従って下さいね。

atheroma11

翌日には傷口が塞がってました。

自然破水(アテローム11か月)※ややグロかも?

■2009年4月

体調が安定したところで、実家近くの形成外科へ行き、手術決定。

手術決定。(アテローム13か月)

■2009年5月

手術当日。

atheroma12

手術前の状態。
2回も口が開いたので、癒着しちゃってるそうです。

atheroma13

atheroma14

で、手術翌日の傷。
炎症が大きくて、予定より少し傷口が広くなったそうです。

手術して来ました!(アテローム手術翌日)

atheroma15

翌々日。
恐る恐る入浴して悶絶。w

初めてのお風呂。(アテローム手術3日目)

atheroma16

4日目。
この頃から痛みも楽に。
少しずつ糸が浮いて来てきます。

atheroma18

atheroma17

5日目。
糸が端から抜けてます。

atheroma19

6日目。

にょきにょき。(アテローム手術6日目)

atheroma20

自分で抜糸出来そうです。w

自然抜糸中。(アテローム手術7日目)

以上が過去記事のまとめ。


で、抜糸当日。

atheroma21

テーピング開始。
傷口が開いてケロイドにならないよう縦に重ねて貼ります。
これが思った以上に辛かった。w

手術に気を取られてすっかり忘れていたんだけど、私は皮膚が弱い。^^;
夏場ってこともあって、すぐかぶれてしまい、寝てる間に傷口をかきむしってるらしく、テーピングがあまり続けられませんでした。
ついかいちゃって、痛さに目が覚める、またかゆくなる・・・の繰り返し。
でも、手術後にこれできっちり対処しておくと、傷口が違うそうです。

atheroma22

テープはがすとこんな感じ。
既にかぶれまくり。w

atheroma23

atheroma24

糸の痕は目立たなくなって来ました。
かさぶたなんかも取れて、ちょっとボロボロ・・・。

atheroma25

atheroma26

■2009年6月

atheroma27

1ヶ月後ぐらい。
テープをサボってたのが顕著に。(だって、かゆいんだもーん。)
傷が盛り上がって来ました。

atheroma28

atheroma29

atheroma30

■2009年7月

atheroma31

だいたい2ヶ月後。
すっかりミミズになってます・・・。

■2009年9月

atheroma32

4ヶ月経つと、はっきりケロイド状。
テーピングの結果が出てますね。^^;

で、先生に言って、テーピングをかぶれ難いものに変えてもらいました。

atheroma35

ドレニゾンテープ。

atheroma36

ステロイド剤なんですが、
検索してみると結構ヒットするので、メジャーなのかな?という印象。
一袋使ったので副作用とかは無かったみたいですが・・・

相変わらずかゆい。w
しかも、しっかりした素材なので、無理に剥がそうとすると、本気で痛い。w
自然に使わな・・・く・・・な・・・・・・・・・ごにょごにょ。

で、その結果、このミジンコみたいな傷痕はどんどん成長。
2年半経った現在どんな感じかと言うと・・・

atheroma33

芋虫っ。
せ、成長してるっ!

あ、ちなみに、写ってるの下着じゃないから安心して下さいね。
紛らわしいな、これ。w

私の場合、アテロームの場所が鎖骨の下で、胸(乳房)との境目を跨いだ感じになります。
部分的に皮膚の質(脂肪とか)が違うから、左半分だけケロイドが拡がってるのかな?と推測。
つまり、これがもう少し上の鎖骨周辺だったら、脂肪も少なく、胸ほど引っ張られないのでケロイドが拡がらなかったのかも知れません。
ま、テープのかぶれに我慢出来れば、もう少しマシだったんでしょうけど。^^;

とはいえ、
以前やった手術の傷痕から、あまりケロイドにならないかもという(希望的?)予想はしています。
今はまだ、きれいとは言えませんが、徐々に皮膚に馴染んでいます。
また落ち着いて画像が掲載出来たらいいな。^^

出来た場所が悪くてケロイドが大きくなったとは思いますが、
首や頭部などに出来た場合のリスクを考えれば、運が良かったと思います。
もちろん、場所が悪くても、早く処置してれば投薬などで問題無い場合もあるようです。
とにかく、早く病院で診てもらったほうが痛い思いをせずに済むってのは確か。w

最初にも言いましたが、同じアテロームでも個人差があります。
ま、「悪い例」だと思って参考にして頂ければ、ちょっとはお役に立つのかな、と。^^

■8/19追記
コメレスしてて思い出したので・・・

胸部アテロームを手術予定の女性の皆さんへ。
内科を受診した際、男の先生が気を遣って、服の中に手を突っ込んで(あるいは下着の上から)聴診器を当ててくれる時は・・・
気をつけろ!w(懐かしの長井なんとか風に。)

敵(先生だけどね)は見当をつけて聴診器を当てて来るので、手術痕なんて見えてない。
しかも、大きな手術じゃないから、既往に「アテローム手術」とあっても気にしてない。

私のアテロームは(よく考えたら)心臓(の上?)付近だったので、真っ先に聴診器を当てられ・・・

「ぁがっ・・・。(悶絶)」
「え?あれ?」
「すいませ・・・手術痕・・・。」
「え、そんなとこに?(とカルテを見る)」
「いや、アテロームなんですけど、切ったばっかなので。」

という会話を何回もしました。
これが抜糸前だったらと思うと・・・。(違う意味で涙無しでは・・・。)

服の中で自由が少ないってのもあるんだろうけど、
聴診器を移動する時も、皮膚すれすれを滑らせて(?)動かすお医者さんもいるよね。
あれは死ぬ。w

ま、手術する人は覚えといてってことで。
ピンポイント過ぎて、あまり参考にならない話で、すいません。w

しかし・・・
相変わらず検索ヒットが多いけど、そんなにグロ画像が好きな人多いの?^^;
ごめんね、インパクト無くて。w

★これまでのアテローム(粉瘤)との闘いは↓下記の「関連記事」↓からすべて読めます。★


関連記事

19 Comments

  1. 広告
  2. 私も今、アテロームの炎症で抗生物質を呑んでいます。腫れが引いたら手術しなきゃならないと覚悟してましたので、手術レポが大変参考になりました。やはり、痛いのは覚悟しなくちゃならないようですね。私は唇の右下なので、顔に傷が残るのが辛いです。男ですが、泣いちゃうかもです。

    1. 【コメントの返信が表示されないため前ブログより転載】

      sさん
      はじめまして。コメントありがとうございます!
      私も他の方のサイトを参考にさせて頂いたので、どなたかのお役に立てればと思って掲載しましたが、実際コメント頂くとうれしいです。^^

      sさんは唇の下なんですね。よく動く場所だし、炎症してたら痛そうです。
      私の場合、一番痛かったのは「麻酔なしで切られた時」でした。^^;
      あと、炎症を何度も繰り返してるので、結果的に傷が大きくなってしまったようです。
      もし先生から手術を勧められてるなら、次の炎症が起こる前に切除したほうが楽なのかも知れません。

      傷が残るかどうかは個人差があるようなのでなんとも言えませんが、先生の説明では皮膚が柔らかい場所のほうがケロイド状になるようでした。
      sさんとは場所が違うので、その点はちょっと参考にならないかも知れないですね。すみません。

      顔ということで気にされるとは思いますが、皮膚の再生って結構すごいと私は感じてます。
      最初は目立つかも知れませんが、時間が経てば気にならなくなりそうな気がしています。
      いずれにせよ、気になる点がある場合は先生に確認されたほうが、手術も楽に受けられそうですね。

      怖がりで痛がりな私ですが、悪い病気じゃなくて良かったと思って手術に望みました。
      sさんもどうかお大事にして下さいね。^^

      kumao
  3. こんにちは。
    僕は中学生なのですが、
    小学生のころ海でクラゲに刺されケロイドになってしまいました。(皮膚科にはいってました)
    そして、傷を気にならない程度に出来る手術があると聞いたので、それを受けました。
    結果的にはあまり変わりませんでした。
    私の話なんてどうでもいいですね(笑)

    NONAME
    1. 【コメントの返信が表示されないため前ブログより転載】

      NONAMEさん、こんばんは。コメントありがとうございます。^^

      私はクラゲに刺されたことないんですけど、痛いんでしょうね。
      しかも、そんなに痕が残ることがあるなんて知りませんでした。大変でしたね。

      ケロイドは「クラゲ皮膚炎」というやつでしょうか。
      私は医師ではないし、NONAMEさんの症状を知らないので想像になってしまいますが、
      NONAMEさんのケロイドは(クラゲの毒の)アレルギーによるものではないでしょうか?
      私のは切った傷を縫い合わせたために出来た手術痕なので、根本的に違うもののようです。
      アレルギーのものであれば、傷痕を目立たないようにする手術も、私のとはちょっと違うのかも知れませんね。

      あまり参考にならなくて、ごめんなさい。
      中学生ということなので、これから体質が変わったり、成長につれ目立たなくなったりする可能性もあるのかな。
      うーん、テキトーなことは言えないので、
      もし気になるなら、ご家族や先生に相談して下さいね。

      どうかお大事に。^^

      kumao
  4. 自分もアテロームが胸中央に出来てしまい、形成外科に行ったのですが、胸はケロイドになりやすいため、手術はまだ出来ないと言われ、通院しております。
    男性なのですが、やはり、気になりますし、邪魔なので、早く取って欲しいと個人的に思ってます…。
    何かと、胸付近にアテロームは気になり、辛い気持ちは分かります。
    今現在はどの様になっているのか、写真で見たいのでお願いします。
    嫌だったら、撮らなくても構いません。

    にんじん
    1. 【コメントの返信が表示されないため前ブログより転載】

      にんじんさん
      はじめまして。コメントありがとうございます。

      にんじんさんもアテロームなんですね。

      写真の件ですが、撮っても構いませんが、最後の画像(今年1月のもの)とほとんど変わってません。
      もしかしたら薄くなってるかな~?ぐらい。

      にんじんさんは手術痕がどうなる(残る)かが気になるんですよね。
      気持ちはよく分かるんですが、こればっかりはやってみないと分かりません。多分、お医者さんも。
      あと、同じ胸部とはいえ、男性ですので筋肉や皮膚も違うと思うので、傷の拡がり方も同じにはならないような気がします。

      手術がまだ出来ないというのは、炎症してるのでしょうか。
      炎症があると麻酔が効かないということで、私も数ヶ月×2回待ちました。(放置しちゃった期間もありますが。w)
      その間にまた出来たらと思うと気になりますよね。

      ただ、にんじんさんは、ちゃんと形成外科に通院されてるし、
      先生も出来るだけケロイドにならないよう手術のタイミングを計って下さってるように見受けられます。
      経験者としては、先生の指示に従って待ったほうが、あとあと手術痕も小さくて済むんじゃないかな~と想像します。
      結果は比べられないですが、ベスト(と思われること)を尽くしておけば、後で後悔しなくて済みますよね。

      とはいえ、気になりますよね~。もしかして、痛みやかゆみもあるんでしょうか。
      早く手術が出来ること、また、ケロイドになりにくい体質であることをお祈りしています。
      どうかお大事になさって下さいね。^^

      kumao
  5. お答え頂き、ありがとうございました。
    痒みはありませんが、赤みはありますよ。
    とりあえず、様子見ってことになっています。
    写真は、変化があるのかな?と気になるので、出来るのならお願いします。
    アテロームが自然治癒したら良いな~、なんて。
    ほとんど、自然治癒は無いそうですが。
    気長に治療します。
    色々教えて頂き、本当にありがとうございました。

    にんじん
  6. 2回目のコメントです。
    アテロームが段々と大きくなってきました(泣)
    5ミリくらいのしこりになって、服が擦れて、かなり気になります。
    写真の事ですが、傷跡が少しでも薄くなるのかなと疑問に思ってるので、是非撮って下さい。
    お互い、アテロームが再発しませんように。

    にんじん
    1. 【コメントの返信が表示されないため前ブログより転載】

      にんじんさん
      事情により返信が遅くなり、申し訳ございませんでした。
      時間が経ってるので参考になるのか分かりませんが、一応お返事します。

      えーと、他でも言ってますが、私は医師でもないし、にんじんさんのアテロームがどういう状況か分かりません。
      こういう記事を書いてるのは「私の場合はこうでした」とひとつの参考にしてもらえれば・・・と思ってのことです。
      ですから、記事の内容がご自分に当てはまるとは思わないようにお願いしますね。

      どこまで「自然治癒」とイメージされてるか分からないのですが、主治医の先生がおっしゃられてるなら「ほとんどない」んじゃないでしょうか。^^;
      私は化膿して麻酔無しで切られてますから、また同じことをされるなら、麻酔有りで二度と出来ないようにして欲しいと思い手術しました。
      結局は、症状とご本人がどう感じられるか、ですよね。

      大きくなって5ミリってあるけど・・・5cmのことかな?w
      大きくなると大きくなるほど手術した場合の傷口が広くなるみたいですから、とりあえず今は、先生の指示に従う(薬が出てればきちんと飲む)しかないですよね。

      あと、傷跡の写真の件ですが・・・
      「少しでも薄くなるのかな」と気にされるお気持ちはよく分かります。
      ですが、先程も言った通り、これは私の傷であって、にんじんさんも同じようになるとは言えないと思うんです。
      前のコメントで、自分ではあまり変わってないと思うと、お答えしてますよね。
      最新の画像(と言っても、携帯で自分撮り)と見比べて、少しでもきれいに見えたことで希望を持たれるのもちょっと危険かな、と。

      傷口がきれいになるかどうかよりも、今の症状で手術するべきかどうかを考えられたほうがいいかなと、私は感じました。

      すみません。
      意地悪をしたいんじゃないんですけど、コメントを読んだ限りでは「参考にし過ぎ」と感じたもので。

      傷跡がきれいになったと思ったら、また画像アップしますね~。

      にんじんさんも早く良くなりますように。^^

      kumao
  7. こんにちは。
    私は中学生なのですが…
    こめかみのあたりにアテロームのような物ができてしまいました。
    近い内に病院で見てもらって、手術になるのではないかと思っています。
    傷跡って始めは痛かったり、のちのちケロイドになってしまうんですね。
    …となると、術後数日は髪が洗えないですし、女なので、髪で隠せるとしてもケロイドは辛いですね。
    病院に行かないと分かりませんが、ちょっと心配です。

    1. 【コメントの返信が表示されないため前ブログより転載】

      舞さん
      初めまして。コメントありがとうございます!

      中学生の方、二人目ですね。(私のブログ、言葉使い悪いんだけど、大丈夫かなぁ。w)
      私はアテロームになって初めて、この病名を知ったんですけど、友人に聞くと、子供の頃から何度もなる人もいるみたいですね。

      女子だし、人に見える部分ってことで、気になるでしょうね。
      ただ、私の友人に頬にアテロームがある人がいますが(男性ですけど)、皮膚の奥に、しこりのような状態のまま放置しています。
      炎症の有無や、場所によるんでしょうね。
      舞さんは痛みや炎症があるのかな?
      近いうちに受診されるようなので少しほっとしていますが、手術にならないといいですね。

      以下は手術になった場合の参考までに・・・

      手術後の入浴ですが、私の場合、翌日くらいからOKだったと記憶しています。
      当日はやはり化膿や発熱、感染などを考慮して控えるように言われるかも知れませんが、髪だけだったら洗えるのかも?とか考えました。^^
      先生に聞いて下さいね。

      そうそう、ケロイドの件ですが・・・
      私は2歳ぐらいの時に頭にケガをして、額(生え際からちょい出たとこ)に三日月みたいな傷があるんです。
      形成外科ではなく、外科の先生がフツーに縫った傷痕で、高校生ぐらいまでは、やはり気になってたんですが・・・
      数十年経った今、皮膚に馴染んじゃって、自分でも忘れてるぐらいです。w

      アテロームの傷痕にしても、友人から「かきむしったの?」と言われる程度で、意外と他人は気にしてないように感じました。
      とはいえ、気になる年齢だと思います。
      もし先生から手術を勧められてブルーになったら、若いうちに治しちゃったほうが楽で傷が目立たないのかも!と思って、少しの間、我慢して下さいね。
      多分、私より傷の治りも早いと思いますし。w

      まずは、受診の結果がいいことをお祈りしてます。^^

      kumao
  8. 私も胸の部分にアテロームがあり病院に行くのが恐くてそのままにしていたら2度ほど再発してしまいました。
    開口部?が閉じるとすぐ再発って感じです。
    超痛がりで恐がりなのでお聞きしたいのですが乳房への麻酔の注射は痛いですか?痛いとしたら例えば筋肉注射ぐらいとか。。
    どんな程度なんでしょうか。
    また入浴時もかなり痛みますか。
    あと抜糸はどうですか。
    質問ばかりでごめんなさい。

    かおり
    1. 【コメントの返信が表示されないため前ブログより転載】

      かおりさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。^^

      再発しちゃう人は何度も同じところに出来てしまうそうですね。
      一度炎症を起こすと、袋のようなものが出来るそうで、それを取らないと繰り返す可能性が高いという説明を先生から受けました。
      あまり何度も炎症を起こすなら、手術したほうが楽かも知れません。
      ただし、担当の先生にきちんとご相談して下さいね。

      以下は、あくまで私の経験という形でお返事させて頂きます。

      私も超痛がりの怖がりです。
      骨折はもちろん捻挫、大きな手術、出産なんかも経験がありません。
      ですので、アテロームごときですが、ちょっと・・・いえ結構緊張しました。w

      そんな私でも、終わってみたら「結構平気だったな。」と思ったぐらいですので、あまり気負う必要は無いと思います。
      ただ、痛さというのは比較が出来なくて難しいものですよね。
      実は私、筋肉注射は子供の頃から慣れてるせいか、そんなに痛くないのです。(脂肪のせいでしょうか。w)

      参考なるか分かりませんが、こういう考え方はどうでしょうか。
      一般的に筋肉注射が痛いのって、多分、針が太いからだと思います。
      厚い筋肉を通すためなのか、しっかり届かせるためなのか分かりませんが、他の注射より太いイメージがありますよね。
      今回のような麻酔は(想像ですが)皮下注射だと思うし、実際大きな注射器だった記憶はありません。
      「チクっとしますよ。」と言われましたが、本当にチクっとしただけでした。ただ、メスを入れる大きさに合わせて何回か打たれます。
      私としては、歯医者の麻酔のほうが全然痛かったですね。
      こんな説明ですけど、痛さの度合いがちょっとでも伝わったでしょうか。

      入浴時の痛みですが、これは手術後のことですよね?
      直後は防水テープを貼って入りましたが、一番痛かったのはシャワーです。w
      でも「あいたたた・・・。」と笑える程度。
      直接お湯がかからないようにするとか、手で優しく洗うとか、工夫がいるかも知れませんが、そんなに辛くはありませんでした。

      あと、抜糸ですね。これも全然余裕でしたよ。
      私の場合、糸が勝手にほどけて来たので、自分で抜いたりしてイジッてました。w
      抜糸の頃には傷もくっついてますから、強いていえば、チクっという程度か、むずかゆい感じでした。

      かおりさんは炎症や痛みはありませんでしたか?
      私はすっごく腫れた上に、麻酔なしのメスで切られた経験があるので、
      もし先生から手術をしたほうがいいという診断をされたのなら、取ってしまったほうがつらい思いをせずに済むんじゃないかと思います。

      あ、そうそう。
      炎症を繰り返したりすると傷口が癒着して、手術で切る範囲が広がる可能性があるそうです。
      私も想定より大きく切ることになってしまいました。
      かおりさんは女性かな?
      やはり傷口は小さいほうが、手術もその後も楽だし、傷跡も残り難いんじゃないでしょうか。
      胸はケロイドになり易い場所だそうですので、そういった点でも(手術の必要があるなら)早めのほうがお勧めです。

      こんなお答えで良かったかな。
      早く良くなることをお祈りしています。^^

      kumao
  9. こんにちわ。
    丁寧に質問に答えていただいてとっても嬉しかったです。
    で、とっても勇気が出ました(笑)
    今はまだ炎症中で膿が勝手に出ている状態なので手術は出来そうもないのですが落ち着いたら頑張って行ってきます。
    いっつもアテロームのことが頭にある生活とはオサラバしたいですから☆
    また手術が終えたらご報告させてくださいね。
    本当に有難うございました。
    本当に嬉しかったです☆

    かおり
    1. 【コメントの返信が表示されないため前ブログより転載】

      かおりさん
      こちらこそ、うれしいレスを頂きありがとうございました。

      あ~、炎症中で膿が出てるんですね。
      私は症状がひどい時、寝返りでも出血したし、腕を上げられないので着替えもつらかったです。
      早くおさまってくれるといいですね。

      そうそう。アテロームなんかさっさと切っちゃって、すっきりして下さい。w
      手術が先で気になるかも知れませんが、その後の楽しいことでも考えて。^^
      もう少しの辛抱です。

      かおりさんの良い報告を楽しみにしてますね。。^^

      kumao
  10. くまおさま
    はじめまして。粉瘤手術を検索していてこちらのブログを、拝見しました。
    私もくまおさんと同じく、胸(谷間)に粉瘤ありで、手術希望です。
    皮膚科に何件かいきましたが、胸はケロイド好発部位とのことで、断られたり放置をすすめられましたが、
    炎症や大きくなることを考えて形成外科で手術予定です。
    形成外科の先生は、炎症起きる前が勝負、という感じでした。

    ただ、形成外科の先生もケロイドのリスクを覚悟してとのことでした。
    くまおさんこケロイドはその後、落ち着かれましたか?
    よろしければ、経過を教えてくださいませ。
    引き続き、お大事になさってください。

    アル
    1. アルさん、返事が遅くなって、ごめんなさい。
      また、つたない記事を読んで頂いて、ありがとうざいました。

      まず、手術から10年経ちまして、体重が増え、更に重力に逆らえない体になりました。(^^;)
      そのせいだと思いますが、かなり広がった感じではあります。
      ただ、立体的な傷みたいなものは無く、新しい皮膚だけ少し色が違うかなって程度です。
      太って膨張して馴染んだ・・・のかな。(笑)
      もちろん痛みやかゆみなどまったく無く、指で触れるとちょっとツルツルしてる感じです。
      現在この傷のことをまったく気にしていません。

      ちなみに、他人が見ても虫刺されか蕁麻疹ぐらいにしか見えないそうです。

      atheroma201908

      取り急ぎ、スマホで撮ってみたんですけど、場所が場所なので、あまりうまく撮れなくて。
      はっきりした画像じゃなくて、ごめんなさい。
      あと、時期的に全身あせもだらけで。(^^;)見苦しくてすみません。

      温かいお言葉もありがとうございました。
      手術前は不安ですよね。
      私の場合、何度も炎症を起こして、その度に痛い思いをしたので、やっと手術~!って感じで、ケロイドの心配は二の次でした。
      ですが、最初の皮膚科の先生が女性で「外科より形成外科でやったほうがいい」と一言教えてくれたお陰で、今の状態でいられていると考えています。
      今のように情報もない頃なので、ラッキーでした。

      ただ、あとはアルさんの粉瘤の場所や皮膚の状態、体質、もしかしたら年齢や生活スタイルも関係するかもしれないので、
      「絶対目立たなくなるよ!大丈夫!」とは言ってあげられなくて。
      でも、まだ炎症を起こしてなくて、先生が手術したほうが良いという判断なのであれば、炎症を起こす前のほうが良いのは間違いないです。

      参考になりましたでしょうか。
      ちなみに、この後の記事「アテローム最新画像。(アテローム手術7年後)」で画像をまとめて動画にしてあります。
      既に過去記事ですし、画質は悪いですが、良かったら。(^^)
      https://kumaochillout.com/health/atheroma_operation_7years/

      kumao
      1. くまお様
        さっそく、お返事をいただきありがとうございます。
        お写真まで撮ってくださって・・・ほんとうにすいません。
        でもきれいに治っていて、本当に良かったと思います。
        形成外科を勧めてもらえたのも、ラッキーでしたね。
        なにより10年間、炎症のことでも悩まされなくなったのもいいですね!
        それだけで生活の質が上がると思います。

        私は胸の谷間の右寄りにあり、5月に4ミリだったものが8月に9ミリになりました・・・
        4ミリの時に取る気満々だったのでが、経過観察を勧められてその通りにしてしまいました。

        車のシートベルトも気を遣いますし、ショルダーバッグ、ブラもできなくなり
        いよいよ生活に影響がでてきてしまい、手術を決断しました。
        何よりも、胸のふくらみの部分なのでここが腫れると相当厄介なことは火を見るより明らかです。
        実は、主人が背中に粉瘤ができて以前に取りましたが、すごく簡単にとれたのです。
        なので、同じように考えていたら「胸はちょっと・・・」と、皮膚科で断られまくりで、非常に焦りました。
        体に傷がつくのは覚悟の上ですし、ケロイドの確率と天秤にかけたら私は取りたいと思っています。
        職場に看護師さんがいるのですが、どなたに聞いても「ケロイドのリスクは低いし、体質によるところが大きい。粉瘤は早くとったほうがいい」との
        言葉も後押しになりました。
        (もちろん何かしら起きても自己責任で、その時に考えればいい!と思ってます)
        大学病院の形成外科なので、たぶん大丈夫だと思います。

        アル
        1. アルさん
          再び返信が遅くなり、ごめんなさい。

          お陰様で傷が落ち着いてからは煩わしさを感じたことも無かったので、最終的には目立たなくなったし良かったな、というのが感想です。
          十年以上経ってもこの記事を読んでくださってる人が結構いらっしゃっるのに驚いてるくらいです。(^^)

          粉瘤は出来る場所や状態によって対応が違うんでしょうね。
          アルさんは私より乳房寄りなのかな。
          私が調べた時は、首の微妙な場所に出来た方が手術のことを書かれていて、思わず「胸で良かった」と思いました。
          でも、胸だからと断られるとは思ってなかったです。そういう意味でも私はラッキーだったのかもしれませんね。

          知り合いには、炎症してないので温存してる人もいれば、何回も腫れてるけど軽いので放置してる人も。
          本当に体質や場所、運次第ですね~。

          そうそう!シートベルトとかバッグ、当たると結構痛いですね!
          最初に出血した時はキャミのフチにこすれたのが原因でした。テープなどで保護してれば良かったんですけど、軽く考えていたもので。

          形成外科での手術が予定されてるんですよね。まずは一安心。良かったですね。(^^)
          これからの季節ならかぶれも少なさそうです。

          この記事が参考になったのなら本当にうれしいです。
          手術の成功はもちろん、術後の経過が順調にいくことをお祈りしています。

          kumao

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください