脅かして、すいません。
胸のアテローム(粉瘤)の話です。w

最初に診てもらった先生が、
「ケロイドになり易いから、普通の外科ではなく形成外科のほうがいい」
と教えてくれたんだけど、その病院に形成外科は無く、先生は「医大を紹介する」とのこと。

うーん、医大はちょっと・・・と考えていたら、実家近くで通っている総合病院に、美容・形成外科があることが判明。
この病院は、以前、胆のう全摘で入院してるし、慣れてるから気が楽。

いざ診察を受けたら、想像よりかなり若い先生で、ちょっと不安。^^;
だって、きれいっつーより、かわいくて学生みたいな先生なんだもん。w

傷口は何度も開いて、すっかり癒着してる状態だそうで、時期もいいので(仕事してないし、他の季節だと風邪ひいてそうw)、
今のうちに取ってしまうことにしました。

気になるのは、炎症が治まらないので、切開範囲が広くなってしまう(5cmくらい?)こと。
炎症が無い場合に比べて、縫った傷口が開いたりする可能性が高いこと。

いいニュースは、
5年くらい前の手術(胆のう全摘)の傷跡がきれいになってるので、ケロイドになり難い体質みたい、ということ。

で、その若い先生にも聞いてみたんだけど、胸元と肩というのは、ケロイドになり易いんだそうです。
女性の皆さん、怪我をした時は気をつけて下さいね。

手術自体は1時間なんだけど、意識があって、目の前でメスとか動くのって怖いなぁ・・・。
どうせなら全身麻酔のほうが気が楽なのに。w

・・・って、あれ?
そういや、去年は麻酔無しで切られたんだっけか。w

手術は来月。
体調管理して延期しないようにしないとな~。

★これまでのアテローム(粉瘤)との闘いは↓下記の「関連記事」↓からすべて読めます。★


広告
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください