広告

off&on

先日のテレビ東京「カンブリア宮殿」のゲストは、オーサム社長・堀口康弘さん。
ん、どっかで聞いたことある社名だなぁ・・・と思いつつオープニングを見ていて思い出しました。

ああ、レプハウスだ!

10年ほど前、都内で生活していた時に、仕事ばかりの毎日の中で心の潤いになってくれたのが雑貨でした。
インテリアや雑貨のお店を見つけると用が無くてもついふら~っと。(普通そうか。なんでしょうね、雑貨の魔力って。)

中でも自宅の近くにあった「off&on」は手頃なのに他にない商品が多くて、本当に毎日のように立ち寄っていたお店でした。
「ちょっとしたプレゼント」となれば必ず「off&on」でしたね。

その「off&on」を運営していたのが株式会社レプハウスで、2017年に株式会社レプレゼントに社名変更。
2022年2月に創業40周年でオーサム株式会社になったそうです。
OA時点では旧社名だったんですね。2月になったらサイトURLも変わってました。


Cup lid カップリド Rabbit

2010年、ワタクシ、こんな記事を上げてました。

▶REP HOUSE「Cup lid カップリド(フロッグ)」
https://kumaochillout.com/goods/cup-lid2010/

この翌年に引っ越してしまい、「off&on」も都内に2店舗になったと後で知りました。
本当に残念だったのですが、その時、オンラインストア「AWESOME STORE」でカップリドシリーズがまだ販売されているのを知って、なんかすごくうれしかったです。

記事にしたフロッグ(Frog)はもう販売していないようですが、実は同じ頃、ラビット(Rabbit)も購入していて(2021年の追記でも触れました。)、そちらは現在も販売中のようです。

それが、こちら。
「カップリド Rabbit」。

カップリド「Rabbit」全体

2022年2月現在の写真です。

先程の記事でも言及してますが、うさぎさんをつまむとカップを持ち上げられそうなぐらいピッタリくっついてます。(「ぐらい」です。良い子はマネしないでね。)
ちょっと手が当たって中身が跳ねるぐらいは防いでくれるので、少しの間飲まないで置いておく時などは便利です。

それより、この子の最大のお仕事は「癒し」でしょう。

カップリド「Rabbit」うさぎアップ

ちょこんと出した前脚がたまらん。

かわいい。
かわいすぎるんじゃ、ボケ。(あ、失礼しました。)

カップリド「Rabbit」足跡アップ

こういう細かいところも好き。
「AWESOME STORE」の商品画像ではあまり写ってなくて残念。

カップリド「Rabbit」原料ほか

裏面に貼ってありました。
現在販売中の「カップリド Rabbit」の耐熱は-40~230℃。
その後、材料が変わったのか基準が厳しくなったのか。
電子レンジもOKなんですね。
(最近シリコン製のキッチン用品増えたけど、溶けちゃいそうで未だにドキドキします。)
金額ははっきり覚えてないのですが、当時「500円しない」と言ってるので、少し価格は下がってるのかもしれません。

現在発売中の商品詳細はこちら。
AWESOME STORE「カップリド Rabbit」
https://www.awesomestore.jp/store/g/g4530889128787/


Cup lid カップリド Frog

ちなみに・・・

10年前、記事で紹介していたフロッグのほう、未だに現役なんです!

じゃーん。

カップリド「Frog」全体

カエルには足跡が無いことに最近気づきました。(今頃?)
これもかわいいんですけど、カエルの足跡、あったらもっとかわいかっただろうなぁ。

カップリド「Frog」かえるアップ

前述の記事でも紹介してますが、カエルさんの口は広めでティスプーンを挟めます。

カップリド「Frog」かえる口アップ

横から見ると、こんな感じ。
一生懸命咥えてくれてるのがいいんですよ!
うさぎタイプは耳の間なので狭くて物を挟むのは難しいみたいです。

カップリド「Frog」かえるアップ正面

どーん。(意味もなくアップ。)

実は私、カエルがあまり好きではなくて、カエルをモチーフにした商品も他に持っていません。
でも、こいつの顔だけはどうにも気に入ってしまって、その後オカワリして、現在うちに2匹います。(どんだけよ。笑)
同居していた母もお気に入りでした。

転倒でこぼすのを防止するにはフタ付きのカップやボトルが適してるだろうし、そういう商品はたくさん売られていますが、
ちょっとホコリを除けたり、スプーンも一緒に置いておきたい時なんかに重宝しています。
カエルとうさぎで区別したりしてました。

あと、なんと言っても、この顔を見ると癒される。(笑)
購入した時は衝動買いしちゃった感じで、10年大事に使うとは思わなかったなぁ。

雑貨って生活必需品ではないかも知れないけど、無いと寂しい。

多分これからも値下げなどで大変なんだろうけど、楽しませてほしいと思っています。


参考

広告

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください